富裕層家族の多くがデジタル資産の管理に対して無関心!?

富裕層家族の多くがデジタル資産の管理に対して無関心!?

こんにちは!ホタルです!

Owner Oneが行った調査結果によると、純資産が1億ドル以上の富裕層は、トークンよりもアルゴリズムコインを好む傾向があるようです。

A recent survey carried out by Owner One has shown that rich families with a net worth of $100 million show a preference for algorithmic coins over tokens. In the study, the platform revealed that the family favors algorithmic coins at 4.32% while their preference for other tokens stands at 0.92%. These preferences remain paramount despite the complexities encountered during the conversation of these tokens back to fiat currencies.

引用:OWNER ONE SURVEY REVEALS THE BEHAVIOR OF ULTRA-RICH FAMILIES TOWARDS CRYPTO

要点をまとめると、

  • 富裕層向けの調査で、Owner Oneが行った調査結果によると、純資産が1億ドル以上の富裕層は、トークンよりもアルゴリズムコインを好む傾向があることが示された。
  • 調査では、富裕層がアルゴリズムコインを4.32%、他のトークンを0.92%で好むことが明らかになった。これらの傾向は、これらのトークンを法定通貨に変換する際に遭遇する複雑さにもかかわらず、重要視されている。
  • Owner Oneの調査は、資本創設者から後継者への計画的および非計画的な財産移転のダイナミクスも調査した。この部分では、アルゴリズムデジタル資産の所有権を維持するのがどれほど難しいかが明らかにされた。
  • 調査によると、暗号通貨から法定通貨への移転の約91%が継続性の中断をもたらすということを示し、これらの家族が直面する問題を強調した。
  • Owner Oneの調査によれば、家族の約7%しか暗号取引をする前に研究を行っていない。この研究不足は、彼らを所有権の歴史において不利な立場に置くリスクがあることを意味し、また暗号エコシステムに大きな影響を与える可能性もある。
  • 一方で、Owner Oneの調査は、これらの富裕層家族の暗号に関する知識についてわずかな懸念を示した。具体的には、デジタル資産は一度失われると回収できないことを知っているのはわずか12.82%だけであり、残りの87.1%は自分の資産を保管または保護することについて無関心であることが明らかになった。
  • また、調査によれば、回答者の大多数が一部の資産の検閲について無知であることが示された。たとえば、USDTの背後にある発行者は、自分の裁量で資産を凍結または差し押さえることができるが、多くの富裕層家族はこの事実を知らない。これは、さまざまなタイプの資産に関連するさまざまな側面とリスクを理解する必要性を強調している。
  • さらに、調査は、これらの富裕層家族が資産を管理する際のセルフカストディの必要性についてほとんど理解していないことを示している。彼らのほとんどは中央集権型取引所で預金を行い、予期せぬ事態が発生した場合には重大なリスクが生じる可能性があると指摘した。

といった感じで、裏ホタルベットのブログ読者の多くは富裕層だと思いますが、共感する部分はありましたか?
トークンよりもアルゴリズムコイン(アルゴリズム型ステーブルコイン)を好むということで、調査対象の富裕層の中でも法定通貨信者の割合が多かったのかな?って思います。
成り上がりのクリプトギャングの割合は低かったんでしょうね・・・。