カタールはビットコイン(BTC)を準備金に追加する可能性がある!

カタールはビットコイン(BTC)を準備金に追加する可能性がある!

こんにちは!ホタルです!

世界トップクラスの石油や天然ガスの産出国で、世界一裕福な国とも呼ばれるカタールが、ビットコインを準備金に追加する可能性があるとの情報が浮上しているようです。

Skybridge Capital(スカイブリッジ・キャピタル)の創設者アンソニー・スカラムチ(Anthony Scaramucci)氏は、カタールがビットコイン(Bitcoin/BTC)を準備金に追加する可能性があり、追加する中東の国は初めてとなるとツイートした。

引用:カタールはビットコインを準備金に追加した可能性が浮上

要点をまとめると、

  • スカイブリッジ・キャピタルの創設者、アンソニー・スカラムチ氏によると、カタールがビットコインを準備金に追加する可能性があるとの情報が浮上している。
  • カタールはビットコイン投資を積極的に検討しており、2023年9月にカタールのタミム・ビン・ハマド殿下がエルサルバドルを訪れた際に初めて報道された。
  • ただし、カタールからのビットコイン投資に関する公式な確認はまだない。
  • ビットコインマキシマリストであり、エルサルバドル大統領の側近であるマックス・カイザー氏によれば、カタールはビットコイン獲得を積極的に目指している。
  • カタールの首長のプライベートジェットがマイクロストラテジーのマイケル・セイラー元CEOのスピーチ後に目撃され、このニュースは注目されている。
  • 中東諸国がオイルマネーでビットコインを蓄積し始めた場合、ビットコインの価格にどのような影響があるか、再び資金が流入する可能性がある。
  • 最近2カ月間で、多額の機関資金がビットコインETFに流入している。
  • BlackRockのIBITとFBTCは合わせて「ニューボーン・ナイン」ファンドへの総流入額の79%を占めており、その他のファンドも手数料を引き下げる動きを見せている。
  • Valkyrie InvestmentsはSECの承認を受けて手数料を0.49%から0.25%に引き下げ、Franklin Templetonも手数料を市場最低の0.19%に引き下げた。
  • Bitwiseはグループ内で手数料体系を調整しておらず、現在も唯一のファンドである。

といった感じで、カタールを含む中東諸国がオイルマネーでビットコインを蓄積し始めている可能性があるということですが、間違いないと思います、個人的には。

ビットコインをただの投資商品としてしか見れない人にはわからないと思いますが、もうゴールドかBTCしかないんですよ。

しかも、ゴールドって厳密に言えば埋蔵量も不明ですし、現物の中には偽物も多く、溶解しない限り純度を確かめることができませんが、BTCの場合は確実に現物を手にすることができます。

上限がわかっているのもBTCだけです。

つまり・・・。