警察に犯罪やテロに使われた仮想通貨を没収・凍結する権限を付与!

警察に犯罪やテロに使われた仮想通貨を没収・凍結する権限を付与!

こんにちは!ホタルです!

イギリスの警察に犯罪やテロに使われた仮想通貨を没収・凍結する権限が与えらようです。

The ability to take crypto used for crime, including terrorism, looks poised to take effect on April 26

引用:UK Law Enforcement Will Soon Have More Power to Seize Crypto Assets

要点をまとめると、

  • イギリスの警察が仮想通貨を取り締まる新しい力を手にする。
  • 4月26日から、犯罪やテロに使われた仮想通貨を警察が押収・凍結・没収できるようになる見込み。
  • イギリスの警察は、2023年に制定された法律に基づいて、犯罪やテロに使われた仮想通貨を取り締まる力を強化する準備を進めています。
  • この新しいルールは、先週承認された法令により、2024年4月26日に実施される予定です。
  • 2023年に制定された法律には、犯罪に使われた仮想通貨を警察が没収・凍結する権限が与えられました。
  • 新しい規定には、仮想通貨を取り戻すための手段や、警察が「任意の仮想通貨を取り戻すのに役立つ情報を含む財産」と定義されるものを差し押さえる仮想通貨資産命令が含まれています。

といった感じで、イギリス圏内で仮想通貨を保有している人は、言いがかりをつけられ仮想通貨を没収されてしまう可能性が出てきたということですね。
英国の法執行機関で働く人たちも人間なので間違いを犯します。
つまり、すべてお上のさじ加減ってことです・・・。

特に仮想通貨取引所に資産を置くのは要注意、資産を守ることを考えたら、取引所には流動的な額しか置かない方がいいと思います。
ぶっちゃけ、国の傘下にある取引所は中央集権型の銀行となんら変わりませんからね。

「Not your keys, not your coins.(カギの持ち主こそが、コインの持ち主やねん。)」