総合通信基盤局の職員を名乗る男に仮想通貨を奪われる!

総合通信基盤局の職員を名乗る男に仮想通貨を奪われる!

こんにちは!ホタルです!

70代男性が総合通信基盤局の職員を名乗る男から820万円分の仮想通貨をだまし取られたようです。

静岡県焼津市の70代男性が、「あなた名義の携帯電話が詐欺に使われている」などという電話をきっかけに、2月から3月にかけて820万円分の仮想通貨をだまし取られました。

引用:警察官や検事名乗り「捜査に協力して」「捜査のために仮想通貨購入して」 820万円分の仮想通貨だまし取られる 静岡・焼津市

要点をまとめると、

  • 静岡県焼津市の70代男性が、詐欺電話を受けて820万円分の仮想通貨をだまし取られた。
  • 2月8日、男性の家に総合通信基盤局の職員を名乗る男から「あなた名義の携帯電話が詐欺に使われている」と電話があった。
  • その後、警察官や検事を名乗る者から「詐欺事件の関係であなたの口座を止める」「捜査に協力してくれるなら口座を止めない」と電話があった。
  • 更に、「捜査のために仮想通貨を購入しなさい」と言われ、男性は820万円で仮想通貨を5回に分けて送金した。
  • 実際に詐欺事件はなく、男性は偽の警察官や検事に騙された形となった。
  • 警察は、本物の警察官や検事は決して口座の凍結や仮想通貨の購入を依頼しないことを注意喚起している。

といった感じで、最近高齢者を狙った仮想通貨詐欺のニュースをよく見かけますが、被害者に現金を仮想通貨に両替させるプロセスが気になりますよね。
私も最初の頃は理解するのに苦労した記憶があるので、犯人はどんな手法を使っているんでしょう?
すでに仮想通貨取引所の口座を持っている高齢者が狙われているのかな??
すごく気になります。