ラザルスがトルネードキャッシュを使ってマネーロンダリング!

ラザルスがトルネードキャッシュを使ってマネーロンダリング!

こんにちは!ホタルです!

北朝鮮のハッカーグループ「ラザルス」が再び仮想通貨ミキサー「トルネードキャッシュ」を使って資金洗浄を行っているようです。

北朝鮮のハッカーグループ「ラザルス」が資金洗浄に仮想通貨ミキサーのトルネードキャッシュを再び使用している。

引用:北朝鮮のハッカー集団ラザルス トルネードキャッシュによる資金洗浄を再開か=分析

要点をまとめると、

  • ラザルスは再び仮想通貨ミキサー「トルネードキャッシュ」を使って資金洗浄を行っている。
  • エリプティックという分析会社による報告によると、ラザルスは3月13日以降、盗んだ仮想通貨をトルネードのウォレットに1200万ドル移動した。
  • この資金は昨年11月に、仮想通貨取引所HTXとそのクロスチェーンブリッジHECOから盗まれたものである。
  • トルネードキャッシュはイーサリアムブロックチェーン上に構築された分散型プライバシーツールで、スマートコントラクトを使用している。
  • ラザルスは他のミキサーオプションを失ったため、トルネードキャッシュに戻ったと見られている。
  • トルネードキャッシュの開発者であるロマン・ストーム氏とアレクセイ・ペルツェフ氏は、複数の罪で米国当局から起訴されている。
  • 他の仮想通貨ミキサーにも制裁が行われ、取り締まりが強化されている。例えば、米国のミキサー「ブレンダー」への制裁が行われたこともある。
  • 仮想通貨ミキサーの運営者に対する取り締まりが厳しくなっており、マネロンや制裁違反などの罪で起訴されることがある。

といった感じで、クリプトミキシングサービスを悪用したマネーロンダリングの取り締まりが厳しくなっているようです。