機関投資家や資産管理会社の多くが仮想通貨への配分増加を計画!

機関投資家や資産管理会社の多くが仮想通貨への配分増加を計画!

こんにちは!ホタルです!

機関投資家や資産管理会社の多くが仮想通貨への配分増加を計画しているようです。

英国を拠点とする暗号資産(仮想通貨)投資管理会社Nickel Digitalは機関投資家に対する意識調査を実施した。2024年に仮想通貨への投資配分を増やすと答えた回答機関が大半を占めると報告している。

引用:2024年に仮想通貨への配分増やす機関投資家が増加傾向 企業調査

要点をまとめると、

  • 英国の暗号資産投資管理会社Nickel Digitalが機関投資家向けに意識調査を実施。
  • 仮想通貨への投資配分を増やす計画が多数派。
  • すでにデジタル資産にエクスポージャーを持つ機関投資家や資産管理会社の約74%が、2024年に仮想通貨への配分増加を計画している。
  • 調査対象の機関投資家の約87%が、仮想通貨やデジタル資産セクターへの投資機会を「魅力的」と回答。約20%が「非常に魅力的」と回答。
  • 長期的に見ると、92%が仮想通貨への投資が「魅力的」と考え、41%が「非常に魅力的」と回答。
  • 米国、英国、ドイツなどを拠点とするプロ投資家の13%が、デジタル資産への配分を「大幅に」増やす意向を示す。
  • 政府系ファンドや年金基金も仮想通貨やデジタル資産への割り当てを増やす方向で動いている。

といった感じで、様々な機関投資家が短期および中期的に投資を増やす見込みのようです。

今年はまだまだ期待できそうですね、ビットコイン。