インドネシアの仮想通貨規制が2025年1月から大幅変更!

インドネシアの仮想通貨規制が2025年1月から大幅変更!

こんにちは!ホタルです!

インドネシアOJK(金融庁)が仮想通貨規制の大幅な変更を発表したようです。

インドネシアで行われたメディアブリーフィングによると、インドネシアOJK(インドネシア金融庁)は、仮想通貨規制の大幅な変更を発表したことが分かった。

引用:インドネシアは仮想通貨規制の見直しへ

要点をまとめると、

  • インドネシアOJK(金融庁)が仮想通貨規制の大幅な変更を発表。
  • 2025年1月から、仮想通貨は商品・先物取引の規制機関Bappebtiではなく、新たな規制機関OJKの下に置かれる。
  • すべての金融サービス機関は規制のサンドボックスプログラムを受ける必要があり、目的は新しいイノベーションの評価と信頼性の確認。
  • 現在は「商品」に分類されている仮想通貨が「金融商品」に再分類される可能性が高い。
  • すべての仮想通貨会社は新たなルールに従う必要があり、インドネシア国内で合法的に営業するにはOJKの評価・承認を受ける必要がある。
  • 消費者保護と詐欺的な投資の防止が主な目的。
  • 新しい製品やビジネスモデルを導入する企業はサンドボックスに入る必要があり、従わない場合は違法とされる。

といった感じで、詐欺的な投資を防止し、消費者を保護することが主な目的で仮想通貨規制が見直されるようです。