仮想通貨(暗号資産)と法定通貨を交換する違法業者!しかも個人!

仮想通貨(暗号資産)と法定通貨を交換する違法業者!しかも個人!

こんにちは!ホタルです!

無登録の仮想通貨(暗号資産)交換業者(個人)が書類送検されたようです。

無登録で仮想通貨(暗号資産)の交換業を営んだとして、警視庁サイバー犯罪対策課は4日、宮崎県都城市に住む高校3年の男性(18)を資金決済法違反(無登録営業)容疑で書類送検した。

引用:無登録で仮想通貨「ライトコイン」交換の疑い 高校生を書類送検

要点をまとめると、

  • 宮崎県都城市に住む高校3年の男性(18)が、無登録で仮想通貨「ライトコイン」の交換業を営んでいたことが発覚。
  • 警視庁サイバー犯罪対策課は、男子生徒を資金決済法違反(無登録営業)容疑で書類送検。
  • 男子生徒はX(旧Twitter)で顧客を募り、2022年9月から約1年間で約300万円の手数料を得ていたとみられる。
  • 書類送検容疑は、2023年7~9月に高校生ら2人にPayPayで約6万円を支払い、ライトコインを購入したことや、同じ年の8月に40代の女性会社員から約2万5000円を受け取り、ライトコインを販売したことなど。
  • 男子生徒は、「仮想通貨を賭け金として使えるオンラインカジノで遊びたかった」と容疑を認めている。
  • 顧客30人のうち、20人が10代であり、男子生徒は他の無登録業者より安価な交換手数料をうたって顧客を募っていた。
  • 顧客の中には、オンラインカジノで遊ぶ目的で仮想通貨を購入していた若者もいたと報告されている。
  • ネット交流サービス(SNS)上で無登録での仮想通貨の売買が広まっており、警視庁は若年層が安易に関わっている可能性があるとして、取り締まりを強化する方針。

といった感じで、高校生が無登録で仮想通貨「ライトコイン」の交換業を行い、書類送検されたということです。

この報道をきっかけに、無登録で仮想通貨を交換する業者が増えると思うので、上手い話には注意した方がいいですね。