ダークウェブ上では本人確認(KYC)済みの仮想通貨口座が売れる!?

ダークウェブ上では本人確認(KYC)済みの仮想通貨口座が売れる!?

こんにちは!ホタルです!

本人確認(KYC)済みの仮想通貨口座がダークウェブ上で安売りされてるって知ってましたか??

インターネットの闇の部分に潜むハッカーたちは、ハッキングされた仮想通貨口座をダークウェブで1件あたりわずか30ドル(約4100円)で販売していると報じられている。

引用:ハッキングされた他人名義の仮想通貨口座が4000円で買えてしまう・・・ダークウェブで違法販売横行

ちょっと前のニュースですが、要点をまとめると、

  • ダークウェブに潜むハッカーたちが、ハッキングされた仮想通貨口座を低価格で売買していると報告されている。
  • 2022年にはKrakenとBinanceの口座はそれぞれ260ドルと250ドルで取引されていたが、価格が急上昇している。
  • ハッキングされた口座は、仮想通貨取引所での本人確認(KYC)手続きを違法に回避するために利用されていることが多い。
  • プライバシーアフェアーズのセキュリティ研究者ミクロシュ・ゾルタン氏は、このような情報流出に対してインターネットユーザーは特に注意を払うべきだと指摘している。
  • ゾルタン氏は、「誰かがあなたの口座情報やSNSアカウントの情報を手に入れた場合、それは低価格で売られる可能性がある」と述べている。

といった感じで、ダークウェブでのハッキング被害(仮想通貨口座やクレジットカード情報の売買)が横行しているということです。

ちなみにダークウェブで取引されていた仮想通貨口座の価格は以下の通りです。

仮想通貨取引所 販売価格
Kraken 1170ドル
Binance 410ドル
Crypto.com 300ドル
Coinbase 250ドル
Bitrex 30ドル

あと、ダークウェブでは、仮想通貨口座の他にも、以下のような情報も取引されているようです。

アカウント情報 販売価格
最大5000ドルのクレジットカード 110ドル
最大2000ドルのオンライン銀行口座 60ドル
Facebook、Airbnb、Gmailのログイン情報 1件25ドルから

私、このニュースを見て思ったんですけど、これってハッキングされたものが全てじゃないですよね??

自分で売ったものもあるんじゃないかなぁ??

つまり、この価格で自分のアカウントが売れるってことだと思うんです、たぶん。

ダークウェブってビットコイン使えば何でも自由に売り買いできるらしいので、違法なものを買ってしまうリスクも高いんですね。

読者のみんなも注意してね!