ダークネット市場で仮想通貨犯罪の収益が増加!

ダークネット市場で仮想通貨犯罪の収益が増加!

こんにちは!ホタルです!

仮想通貨業界はサイバー犯罪に悩まされており、2023年に仮想通貨犯罪で収益が増加したのがダークネット市場だったようです。

ブロックチェーン分析企業チェイナリシスの最新報告によると、仮想通貨業界はサイバー犯罪に悩まされており、2023年に仮想通貨犯罪で収益が増加したのがダークネット市場だった。

引用:ダークネット市場での仮想通貨収益が2023年に増加 チェイナリシスが分析レポート

要点をまとめると、

  • ダークネット市場は2023年に約17億ドルの収益を上げた。
  • ヒドラの閉鎖後、小規模な市場が特化した役割を開発している。
  • 2023年の仮想通貨関連OFAC制裁は18件実施され、すべての制裁には仮想通貨アドレスが含まれていた。
  • 制裁対象の団体や地域に集中し、全取引量の61.5%を占める149億ドルの取引が行われた。
  • ダークネット市場やミキサーから個々のアクターにシフトする傾向がある。
  • 2023年の収益は46億ドルで、前年比で13億ドル減少したが、新しい詐欺タイプの増加が見られた。
  • 特にロマンス詐欺が増加し、2020年以降の成長は85倍に達した。
  • ロマンス詐欺は平均支払額の観点から被害者に最悪の影響を与える。
  • フィッシング詐欺も増加しており、詐欺師は被害者の信頼を得るために数週間から数ヶ月かけることがある。

といった感じで、ダークネット市場が小規模な市場に分散し、収拾がつかない状態になっているのでしょうか・・・。

ちなみに、ロマンス詐欺・フィッシング詐欺から資産を守るには、SNSなどを見るのをやめ、無駄な情報を入れないのもポイントです。
プライベートウォレットで資産を管理している場合、重要な情報はウォレットの公式サイトか、専用ソフトウェアに表示されます。
なので、それ以外は見なくてもOKです。

あ、このブログはチェックしてね!