身代金を支払わないとダークウェブでの麻薬取引が公開される!?

身代金を支払わないとダークウェブでの麻薬取引が公開される!?

こんにちは!ホタルです!

ダークウェブの麻薬取引プラットフォームで取引を行った購入者と販売者の両方が「身代金を支払わないと取引履歴を公開する」とプラットフォーム側から脅されているようです。

2024年3月、ダークウェブの麻薬取引プラットフォームであるIncognito Marketが、ユーザーのアカウントに入っていたビットコイン(BTC)やモネロ(XMR)などの仮想通貨を持ち逃げしました。さらにIncognito Marketの管理者はプラットフォームで麻薬取引を行ったユーザーに対し、「身代金を支払わないと取引履歴を公開する」と脅しをかけていることも判明しています。

引用:ダークウェブの麻薬取引サイトがユーザーの仮想通貨を持ち逃げした上に「身代金を支払わないと麻薬取引履歴を公開する」と脅す

要点をまとめると、

  • ダークウェブの麻薬取引プラットフォームであるIncognito Marketが、ユーザーのビットコイン(BTC)やモネロ(XMR)などの仮想通貨を持ち逃げしたことが発覚。
  • Incognito Marketの管理者は、麻薬取引を行ったユーザーに対し、「身代金を支払わないと取引履歴を公開する」と脅しをかけていることが判明。
  • 2024年3月5日以降、Incognito Marketから「仮想通貨の出金ができない」という報告が相次ぎ、管理者のファラオは出金システムの変更を主張。
  • ダークウェブ関連のセキュリティ専門家であるHugbunter氏が調査し、出口詐欺の疑いを確信。
  • ダークウェブの麻薬取引プラットフォームは、麻薬を販売したベンダーにも脅しをかけ、「身代金を支払わないと取引情報やプライベートメッセージを公開する」としていることが判明。
  • Incognito Marketはトップページに脅しの文言を掲載し、「自動暗号化」機能に頼っていたユーザーのプライベートメッセージや取引情報を公開すると主張。
  • Incognito Marketはデータを公開しないための身代金として、ベンダーに支払いを要求。支払い額はベンダーのランクによって異なり、最大で2万ドル(約300万円)。
  • Krebs on Securityが貼ったスクリーンショットによると、4月1日までに身代金を支払わないと金額が2倍になるとの警告がある。

といった感じで、購入者と販売者の両方が、プラットフォーム側に裏切られたということですね。

最近私も思うのですが、SNSや掲示板、フリマサイトなどのプラットフォームは、中央集権型のサイトなので、善悪関係なく、こういったリスクを伴うんですよね・・・。