仮想通貨追跡システム!クリプトで脱税した人を徹底追跡!

仮想通貨追跡システム!クリプトで脱税した人を徹底追跡!

こんにちは!ホタルです!

仮想通貨追跡システムが導入され、クリプトで脱税しても自治体から資産を追跡されてしまうようです。

韓国で最も人口が多い広域自治体である京畿道(キョンギド)は、2023年に「脱税者の仮想通貨追跡システム」を導入した後、税金滞納者から合計62億ウォン(約7億円)の税金を徴収することに成功したと報じられています。

引用:脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

要点をまとめると、

  • 韓国の京畿道(キョンギド)が2023年に導入した「脱税者の仮想通貨追跡システム」により、税金滞納者から合計62億ウォン(約7億円)の税金を徴収した。
  • このシステムでは、滞納者名簿をシステムに入力することで、滞納者が保有する仮想通貨の追跡調査・差し押さえ・資産移転・売却・ウォンの回収・差し押さえ解除などが全てシステム内で行われる。
  • 仮想通貨追跡システムは、自治体が保有する住民登録データの携帯電話番号を用いて滞納者の仮想通貨取引所アカウントを検出する仕組みで、脱税者・滞納者の摘発成功率を大幅に改善した。
  • 以前は滞納者名簿を取引所に送って対象者を確認し、追跡調査・差し押さえ・売却などの作業に6ヶ月かかっていたが、新たなシステムを利用することで15日前後に短縮できるようになった。
  • 今回の調査では、5,910人の仮想通貨取引所アカウントを特定し、合計62億ウォンの税金を徴収した。

といった感じで、怖いですよね、電番認証。
そして完全に国の犬と化した仮想通貨取引所・・・。
これじゃ中央集権型の銀行となんも変わらないですよね??
まぁこれは韓国の話ですけど、電番認証をはじめとする、KYC申請を行ったところは、警戒が必要ですね。