4.3兆円以上のビットコインを含むマネーロンダリング!

4.3兆円以上相当のビットコインを含むマネーロンダリング!

こんにちは!ホタルです!

ロンドン在住の女性が4.3兆円以上のビットコインを含むマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した罪で有罪になったようです。

Jian Wen, residing in London, has been convicted for her involvement in a money laundering operation, where she was found with bitcoins worth over $4.3 billion.

引用:LONDON WOMAN CONVICTED IN $4.3B BITCOIN LAUNDERING SCHEME

要点をまとめると、

  • ロンドン在住のジャン・ウェン氏が、4.3兆円以上相当のビットコインを含むマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した罪で有罪判決を受けることが決まった。
  • ウェン氏は、これらのデジタル資産を数百万ドル相当の不動産や高級ジュエリーなどの物理的な形に変換するなど、犯罪行為に関与していた。
  • ロンドン警視庁による5年間に及ぶ入念な捜査の結果、ウェン氏の有罪が確定し、暗号通貨を巡る金融犯罪に対する法執行機関の決意が示された。
  • ウェン氏は元々テイクアウトレストランで働いていましたが、ジュエリー会社の従業員を装って逮捕を逃れていました。しかし、ロンドンで高額物件を購入しようとした際のマネーロンダリングのチェックで発覚しました。
  • 彼女はビットコインのマイニングを通じて資金を合法化しようとしましたが、失敗に終わり、更なる捜査が行われました。それでも、ウェン氏は2019年にスイスで高価なジュエリーとドバイで不動産を取得することに成功しました。
  • ウェン氏は現在、5月10日に予定されている判決を待っています。
  • ウェン氏に対する事件では、48の電子機器の調査や複数の場所での捜索など、広範な刑事捜査が行われました。中国語から翻訳された文書やファイルが事件の基盤となりました。
  • 捜査の結果、裁判所はCPS(クラウン・プローズキューション・サービス)に対して、差し押さえられたビットコインの回収調査のための凍結命令を出しました。
  • CPSのアンドリュー・ペンヘイル主席検事は、この事件について、暗号通貨が犯罪者にとって違法な資金を隠蔽し移動させるための選好されるツールとなりつつあることを指摘しました。
  • この有罪判決は、デジタル通貨を巡る犯罪の追跡と起訴における法執行機関が直面する課題と複雑さの具体的な例となっています。

といった感じで、巨額のマネロン事件に関するニュースですが、入念な捜査が5年も続いていたようなので、今心当たりがある人は要注意です!