仮想通貨の投資詐欺に遭いやすいのは30~49歳!

仮想通貨の投資詐欺に遭いやすいのは30~49歳!

こんにちは!ホタルです!

FBIの報告書によると、暗号通貨に関連する詐欺は2023年、39億4000万ドルの損失を投資家に与え、投資詐欺の被害額の4分の3以上を占めたようです。

暗号通貨に関連する詐欺は2023年、39億4000万ドルの損失を投資家に与え、投資詐欺の被害額の4分の3以上を占めた。

引用:米、投資詐欺に引っ掛かりやすいのはベビーブーム世代よりもミレニアル世代やZ世代 —— 最新報告

要点をまとめると、

  • アメリカ連邦捜査局(FBI)による報告によると、最も投資詐欺に遭いやすいのは30~49歳の人々で、2023年の被害額は約6800億円に上る。
  • この年齢層は2023年、FBIのインターネット犯罪苦情センター(IC3)に1万3000件以上の被害を報告した。
  • 特に30~39歳で6654件、40~49歳で6680件の被害が報告されている。
  • 一方、60歳以上のベビーブーム世代は3位で、2023年の報告件数は6404件。
  • 詐欺に関する報告件数と被害額は増加しており、2021年の2万件強から2023年には4万件近くに上昇している。
  • 投資詐欺の被害額は45億7000万ドルで、前年比で38%増加している。
  • この増加は、規制が緩く操作が容易な暗号通貨(仮想通貨)市場の台頭が大きく影響している。
  • 詐欺師はオンライン広告やソーシャルメディアを利用し、ほぼリスクなしで大きな利益を約束して被害者を誘導する。
  • また、著名人のSNSアカウントを模倣して被害者をだまし取ることもある。
  • 被害に遭わないためには、一攫千金を狙う計画に注意し、常に情報を精査することが重要。
  • FBIは、直接会ったことのない個人に送金したり、お金に関する情報を渡すべきではないとアドバイスしている。

といった感じで、仮想通貨の投資詐欺に遭いやすいのは30~49歳らしいです。

詐欺師その世代を狙って巧みに仕掛けてくるので年齢が近い方は要注意!