メキシコを含む25カ国がBRICSへ参加か!?

メキシコを含む25カ国がBRICSへ参加か!?

こんにちは!ホタルです!

メキシコを含む25カ国がBRICSへの参加を熱望しているようです。

Last week, Mzuvukile Geoff Maqetuka, South Africa’s envoy to Russia, dropped a bombshell: 25 nations, including Mexico, are itching to get into the BRICS club, as reported by Eurasia Network. This bit of news isn’t just chit-chat; it’s a big deal, coming at a time when Mexico and the United States are butting heads more than usual. The bone of contention? A laundry list of issues like illegal border crossings, border security, the drug trade, and a few other spicy topics.

引用:MEXICO IS MAKING SURE IT JOINS BRICS THIS YEAR – BUT IS IT FOR THE RIGHT REASONS?

要点をまとめると、

  • メキシコを含む25カ国がBRICSへの参加を熱望していると南アフリカのロシア特使が発表。
  • 不法な国境越え、国境の安全保障、麻薬取引などの問題でメキシコと米国の対立が激化している。
  • 米国がメキシコ製品に関税を課す脅威をかける中、メキシコはBRICSへの参加を検討している。
  • BRICSへの参加が実現すれば、南アメリカ諸国として初めて、米国の隣国として初めての加盟となる。
  • BRICSへの加盟にはBRICSメンバー全員の承認が必要で、10月のサミットで具体的な議論が行われる予定。
  • メキシコ経済は停滞しており、最後の四半期ではほとんど成長していない。製造業や建設業などが打撃を受けている。
  • しかし、前年同期比で経済は2.5%成長し、全体として3.2%の増加を示している。
  • メキシコの高金利(11.25%)は経済に圧力をかけており、中央銀行が金利を引き下げる時期に来ているとの指摘もある。
  • 農業や建設業は縮小しており、サービス業も僅かな成長にとどまっている。
  • 2024年にはメキシコのGDPが2.4%成長すると予想され、2025年には1.9%にさらに減速する見込み。
  • インフレ率は予想を下回り、2月初旬には4.45%まで低下した。
  • メキシコと米国は経済的に密接に結びついており、米国がメキシコの最大の貿易相手である。しかし、両国が選挙年に突入する中、将来に対する不確実性が高まっている。

といった感じで、経済のパラダイムシフトはもうすぐ。

たぬきの葉っぱ米ドル神話の崩壊と、ビットコインの奪い合いが見えてきますね。